脱炭素ツーリズムコンサルティング

新型コロナウイルスの影響により、大きな影響を受けた観光産業にも、脱炭素の流れがきています。2021年にイギリスのグラスゴーで開催されたCOP26では、観光における気候変動対策に関する宣言が発表されました。この宣言では、観光分野における気候変動対策を加速し、今後10年間で観光部門での二酸化炭素(CO2)排出量を半減させ、2050年までに「ネット・ゼロエミッション」の達成を目的にしたものです。

しかし、いざ取り組もうと思っても非常に大きなテーマの為、何をどのように始めれば良いのか、担当者の方は悩む事が多いです。お客様からこのような声をよく聞きます。

脱炭素ツーリズムコンサルティングとは?

サステナブルツーリズムという言葉をご存じでしょうか?
旅行先の地域文化と環境の保全を第一に考えた「持続可能な観光」を意味します。観光客が一方的に旅行先のコンテンツを消費するだけでなく、そこに住む地域の人々の生活も豊かになるように考えられた旅全般が、サステナブルツーリズムの良い例だと考えられています。

日本でも豊富な地域資源を観光コンテンツとして活用し、国内外の旅行者の消費額増加や満足度向上に繋げるとともに、活用を通して得られた収益で地域資源の保全を行い、旅行者が地域の持続性を体験し、それに貢献できる環境を整備することが求められています。

当社は、サステナブルツーリズムの重要要素である、環境テーマに焦点を当てています。環境テーマの中でも気候変動は優先度が高いテーマです。観光産業のビジネスモデルを二酸化炭素を排出しないビジネスモデルに変革できるか。既存のビジネスモデルで排出される二酸化炭素排出量算定から具体的な削減案の提案までファシリテーション型コンサルティングにて支援をします。

サービス内容とステップ

Step.1 二酸化炭素排出量の算定

  • 国際的な基準(GHGプロトコル)に沿った二酸化炭素排出量の算定 (GHG スコープ1及び2)
  • 必要に応じてGHG スコープ3の算定
  • 主要なカーボンフットプリント算定
※ GHGとは、Greenhouse Gasの略で温室効果ガスを意味します。

Step.2 シナリオ分析

  • TCFD提言でも実施を推奨されている気候変動を軸としたシナリオ分析
  • 財務インパクト分析(機会及びリスクの定性・定量的に抽出)
  • インターナルカーボンプライシングの検討

Step.3 目標設定

  • 中長期的なGHG削減目標設定
  • 財務インパクト目標の設定・管理

Step.4 削減策の提案

  • サステナブル電力調達・最適な電力調達ポートフォリオ提案
  • 将来的なGHG排出削減量の予測
  • 環境クレジット、自家発電・自家消費、オンサイトPPA、バーチャルPPAの提案

費用について

費用30万円〜 / 月
期間3ヶ月〜24ヶ月
対象人数1〜20名

お問合せ

お客様のご要望をヒアリングし、その上で御社に最適なサポート内容をご提案させていただきます。
まずは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

    脱炭素ツーリズム
    コンサルティング

    新型コロナウイルスの影響により、大きな影響を受けた観光産業にも、脱炭素の流れがきています。2021年にイギリスのグラスゴーで開催されたCOP26では、観光における気候変動対策に関する宣言が発表されました。この宣言では、観光分野における気候変動対策を加速し、今後10年間で観光部門での二酸化炭素(CO2)排出量を半減させ、2050年までに「ネット・ゼロエミッション」の達成を目的にしたものです。

    しかし、いざ取り組もうと思っても非常に大きなテーマの為、何をどのように始めれば良いのか、担当者の方は悩む事が多いです。お客様からこのような声をよく聞きます。

    脱炭素ツーリズム
    コンサルティングとは?

    サステナブルツーリズムという言葉をご存じでしょうか?
    旅行先の地域文化と環境の保全を第一に考えた「持続可能な観光」を意味します。観光客が一方的に旅行先のコンテンツを消費するだけでなく、そこに住む地域の人々の生活も豊かになるように考えられた旅全般が、サステナブルツーリズムの良い例だと考えられています。

    日本でも豊富な地域資源を観光コンテンツとして活用し、国内外の旅行者の消費額増加や満足度向上に繋げるとともに、活用を通して得られた収益で地域資源の保全を行い、旅行者が地域の持続性を体験し、それに貢献できる環境を整備することが求められています。

    当社は、サステナブルツーリズムの重要要素である、環境テーマに焦点を当てています。環境テーマの中でも気候変動は優先度が高いテーマです。観光産業のビジネスモデルを二酸化炭素を排出しないビジネスモデルに変革できるか。既存のビジネスモデルで排出される二酸化炭素排出量算定から具体的な削減案の提案までファシリテーション型コンサルティングにて支援をします。

    サービス内容とステップ

    Step.1 二酸化炭素排出量の算定

    • 国際的な基準(GHGプロトコル)に沿った二酸化炭素排出量の算定 (GHG スコープ1及び2)
    • 必要に応じてGHG スコープ3の算定
    • 主要なカーボンフットプリント算定
    ※ GHGとは、Greenhouse Gasの略で温室効果ガスを意味します。

    Step.2 シナリオ分析

    • TCFD提言でも実施を推奨されている気候変動を軸としたシナリオ分析
    • 財務インパクト分析(機会及びリスクの定性・定量的に抽出)
    • インターナルカーボンプライシングの検討

    Step.3 目標設定

    • 中長期的なGHG削減目標設定
    • 財務インパクト目標の設定・管理

    Step.4 削減策の提案

    • サステナブル電力調達・最適な電力調達ポートフォリオ提案
    • 将来的なGHG排出削減量の予測
    • 環境クレジット、自家発電・自家消費、オンサイトPPA、バーチャルPPAの提案

    費用について

    費用30万円〜 / 月
    期間3ヶ月〜24ヶ月
    対象人数1〜20名

    お問合せ

    お客様のご要望をヒアリングし、その上で御社に最適なサポート内容をご提案させていただきます。まずは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。