インバウンドツーリズムのコンテンツ造成

インバウンドツーリズムのコンテンツ造成においては、大前提として「外国人旅行者目線になれているか」が重要になります。魅力的なコンテンツであっても、外国人旅行者にとって言語対応が不十分であったり、予約システムが複雑だと訪問のハードルが上がってしまいます。その前提を踏まえた上で、地域毎の潜在的な観光資源に着目し、その資源をどのように着地型観光コンテンツとして作り上げるかに主眼を置きながら観光コンテンツの造成を行うことが重要です。

上記のいずれか、または複数の要素を組み合わせてコンテンツを考えることで、より多くの外国人観光客を誘致することが可能になります。

サービス内容とステップ

Step.1 コンセプト検討

以下の点について、関係者間で対話・協議が完了している状態

  • 事業のビジョン・ゴール・ターゲットの検討
  • 事業コンセプトの検討(地域資源・提供価値・媒体・モデルの4つのポイントから)
  • 事業コンセプトの検証(自分の組織・訪日旅行者・国内外の競合・地域観光の4つの視点から)

Step.2 計画策定

事業ビジョン・コンセプトの実現に向けて、以下の検討が完了している状態

  • コンテンツ開発・販売に関わる取り組みの段階的な進め方
  • コンテンツ提供・販売に当たっての販売・提供モデル案(体制や商流など)
  • 今後の収支計画

Step.3 コンテンツ開発

以下の工夫点を検討の上、販売するコンテンツの内容と価格が決定できている状態

  • 体験価値向上の工夫点(二次交通・多言語対応・文化対応などの視点から)
  • 消費単価向上の工夫点(適切な価格設定、客単価の向上の視点から)

Step.4 市場投入前チェック

コンテンツの販売開始に向けて、以下の取り組みが完了している状態

  • コンテンツの内容や価格が、市場・顧客に受け入れられることの検証
  • 旅行エージェント・ランドオペレーターなどと、商品改善や販売に向けた連携体制の構築

Step.5 PR / 販売

PR / 販売に向けて、以下の取り組みが完了している状態

  • 適切なメディアを通じた効果的な情報発信方法の設計
  • ターゲット顧客に合わせた適切な販売経路の開拓

費用について

費用250万円 / プロジェクト
期間4ヶ月
対象人数2〜10名

実績とお客様の声

おおま宿坊 普賢院

事業名:宿坊事業及び訪日外国人向け禅に関わる体験事業
地域:青森県下北郡大間町

観光庁 | 令和2年度観光振興事業費補助金 城泊・寺泊による歴史的資源の活用事業に採択城や社寺を、日本ならではの文化が体験できる宿泊施設(城泊・寺泊)として活用するための取組(宿泊施設の訪日外国人旅行者・富裕層向け滞在環境整備や体験コンテンツの造成・多言語化等)に対して支援を行いました。特に地方部における訪日外国人旅行者の長期滞在や旅行消費額の増加などを目指すことを目的とし、体験型宿泊コンテンツの造成を行いました。

訪日旅行客向けガイドツアー

Tokyo Bleisure Trip

現役ガイドによる、お客さまの視点に立ったコンテンツ造成をサポートさせていただきます。ガイドに参加されたお客さまの生の声は以下からご覧いただけます。

お問合せ

    インバウンドツーリズム
    コンテンツ造成

    インバウンドツーリズムのコンテンツ造成においては、大前提として「外国人旅行者目線になれているか」が重要になります。魅力的なコンテンツであっても、外国人旅行者にとって言語対応が不十分であったり、予約システムが複雑だと訪問のハードルが上がってしまいます。その前提を踏まえた上で、地域毎の潜在的な観光資源に着目し、その資源をどのように着地型観光コンテンツとして作り上げるかに主眼を置きながら観光コンテンツの造成を行うことが重要です。

    上記のいずれか、または複数の要素を組み合わせてコンテンツを考えることで、より多くの外国人観光客を誘致することが可能になります。

    サービス内容

    Step.1 コンセプト検討

    以下の点について、関係者間で対話・協議が完了している状態

    • 事業のビジョン・ゴール・ターゲットの検討
    • 事業コンセプトの検討(地域資源・提供価値・媒体・モデルの4つのポイントから)
    • 事業コンセプトの検証(自分の組織・訪日旅行者・国内外の競合・地域観光の4つの視点から)
    Step.2 計画策定

    事業ビジョン・コンセプトの実現に向けて、以下の検討が完了している状態

    • コンテンツ開発・販売に関わる取り組みの段階的な進め方
    • コンテンツ提供・販売に当たっての販売・提供モデル案(体制や商流など)
    • 今後の収支計画
    Step.3 コンテンツ開発

    以下の工夫点を検討の上、販売するコンテンツの内容と価格が決定できている状態

    • 体験価値向上の工夫点(二次交通・多言語対応・文化対応などの視点から)
    • 消費単価向上の工夫点(適切な価格設定、客単価の向上の視点から)
    Step.4 市場投入前チェック

    コンテンツの販売開始に向けて、以下の取り組みが完了している状態

    • コンテンツの内容や価格が、市場・顧客に受け入れられることの検証
    • 旅行エージェント・ランドオペレーターなどと、商品改善や販売に向けた連携体制の構築
    Step.5 PR / 販売

    PR / 販売に向けて、以下の取り組みが完了している状態

    • 適切なメディアを通じた効果的な情報発信方法の設計
    • ターゲット顧客に合わせた適切な販売経路の開拓

    費用について

    費用250万円 / プロジェクト
    期間4ヶ月
    対象人数2〜10名

    実績とお客様の声

    おおま宿坊 普賢院

    事業名:宿坊事業及び訪日外国人向け禅に関わる体験事業
    地域:青森県下北郡大間町

    観光庁 | 令和2年度観光振興事業費補助金 城泊・寺泊による歴史的資源の活用事業に採択城や社寺を、日本ならではの文化が体験できる宿泊施設(城泊・寺泊)として活用するための取組(宿泊施設の訪日外国人旅行者・富裕層向け滞在環境整備や体験コンテンツの造成・多言語化等)に対して支援を行いました。特に地方部における訪日外国人旅行者の長期滞在や旅行消費額の増加などを目指すことを目的とし、体験型宿泊コンテンツの造成を行いました。

    訪日旅行客向けガイドツアー

    現役ガイドによる、お客さまの視点に立ったコンテンツ造成をサポートさせていただきます。ガイドに参加されたお客さまの生の声は以下からご覧いただけます。

    お問合せ

    お客様のご要望をヒアリングし、その上で御社に最適なサポート内容をご提案させていただきます。まずは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。