企業理念
Philosophy

ビジョン
Vision

貧困をビジネスで解決する。
世界の豊かさの底上げをする。

 現在、世界ではさまざまな課題に直面しています。その課題を俯瞰して分析するならば、「持続化する世界をいかにつくるか」ということに集約されるのでしょう。その課題の中でも、大学生のときに世界を知りたくて、世界80カ国を訪れた際に強く衝撃を受けたことは「偏在する貧困」という事実でした。世界はこんなにも多様で美しいのに、なぜ人間としての尊厳を奪われるような貧困が存在しているのか? どのような解決策があるのか? 豊かな国に生まれ落ちた自分になにができるのか? そのときから自問自答するようになりました。

 また、日本の強みはさまざまありますが、経済・ビジネスの側面から分析しますと「民間ビジネス」が抜きんでており、民間ビジネスのフィールドで日本は、世界に対して多くの貢献と素晴らしい結果をつくってきました。例えば、交通やインフラエネルギー分野など。私自身も商社に勤めていた時代、ドバイに駐在し、アフリカのインフラ整備事業に従事していました。貧困を解決するひとつの解として、インフラ整備に携わりたかったのです。今後の日本は、これまでの得意分野のほかに、イノベーションとテクノロジーを使った分野でも世界に貢献できるチャンスが増えてくるでしょう。

 そして、日本という国は、世界に類を見ない考え方を持つ国であり、その独特さがときにはウィークポイントにもなりますが、禅の思想やマインドフルネス、「トヨタ方式」など、世界の著名な経営者に多大なる影響を与えていることも事実です。

 ところが、デジタル革命が起きている現在において、日本人および日本企業が海外に目を向けにくくなっている傾向が浮かび上がっています。さまざまな理由から、日本人本来の能力や思想、文化の素晴らしさを忘れ、自信を失い、萎縮しているような現状。それはとても残念なことであり、かつ、日本にとっても世界にとっても大きな損失だと思っています。なぜなら、日本企業には世界をよりよくする潜在的な力がある、と確信しているからです。そして、「もっと世界のために貢献したい」と望んでいるものの、どう展開していけばいいかわからず一歩を踏み出せないでいる日本企業も多い、とも強く感じています。

日本企業の素晴らしさを世界へ。

世界をよりよくするビジネス活動から貧困を解決する。

 株式会社アースエキスプロアは、ビジネスを通してよりよい世界をつくることに貢献してまいります。そして、ビジネスから貧困を解決できる世界の実現を目指してまいります。

代表取締役 市川隆志 

ビジョン
Vision

貧困をビジネスで解決する。 世界の豊かさの底上げをする。

 現在、世界ではさまざまな課題に直面しています。その課題を俯瞰して分析するならば、「持続化する世界をいかにつくるか」ということに集約されるのでしょう。その課題の中でも、大学生のときに世界を知りたくて、世界80カ国を訪れた際に強く衝撃を受けたことは「偏在する貧困」という事実でした。世界はこんなにも多様で美しいのに、なぜ人間としての尊厳を奪われるような貧困が存在しているのか? どのような解決策があるのか? 豊かな国に生まれ落ちた自分になにができるのか? そのときから自問自答するようになりました。

 また、日本の強みはさまざまありますが、経済・ビジネスの側面から分析しますと「民間ビジネス」が抜きんでており、民間ビジネスのフィールドで日本は、世界に対して多くの貢献と素晴らしい結果をつくってきました。例えば、交通やインフラエネルギー分野など。私自身も商社に勤めていた時代、ドバイに駐在し、アフリカのインフラ整備事業に従事していました。貧困を解決するひとつの解として、インフラ整備に携わりたかったのです。今後の日本は、これまでの得意分野のほかに、イノベーションとテクノロジーを使った分野でも世界に貢献できるチャンスが増えてくるでしょう。

 そして、日本という国は、世界に類を見ない考え方を持つ国であり、その独特さがときにはウィークポイントにもなりますが、禅の思想やマインドフルネス、「トヨタ方式」など、世界の著名な経営者に多大なる影響を与えていることも事実です。

 ところが、デジタル革命が起きている現在において、日本人および日本企業が海外に目を向けにくくなっている傾向が浮かび上がっています。さまざまな理由から、日本人本来の能力や思想、文化の素晴らしさを忘れ、自信を失い、萎縮しているような現状。それはとても残念なことであり、かつ、日本にとっても世界にとっても大きな損失だと思っています。なぜなら、日本企業には世界をよりよくする潜在的な力がある、と確信しているからです。そして、「もっと世界のために貢献したい」と望んでいるものの、どう展開していけばいいかわからず一歩を踏み出せないでいる日本企業も多い、とも強く感じています。

日本企業の素晴らしさを世界へ。

世界をよりよくするビジネス活動から貧困を解決する。

 株式会社アースエキスプロアは、ビジネスを通してよりよい世界をつくることに貢献してまいります。そして、ビジネスから貧困を解決できる世界の実現を目指してまいります。

代表取締役 市川隆志 

コアバリュー
Core Value

コアバリュー
Core Value

公明正大

わたしたちは、誰に対しても、何事に対しても、誠実に公平であり続けます。

価値想像

わたしたちは、既存の枠組みや価値観にとらわれることなく、革新性、創造性、最新のテクノロジーを追求し、世の中を良くする新しい価値を創造します。

挑戦する野心

未来を生きる全ての人たちが平和で暮らせる社会を創造するために、不屈の精神で挑戦し続けます。

SDGsへの取り組み
Initiatives for SDGs

SDGsへの取り組み
Initiatives for SDGs

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

まずは日本国内の身近な貧困をなくす為の活動に従事する。所得格差が拡がる日本では貧困状態にある世帯数が年々増えており、子供の貧困問題も顕著化している。雇用の創出と労働環境の整備に取り組む。

すべての人に公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

変わる世界では、継続した質の高い教育を受ける事が重要となる。EdTechにより、教育革命に取り組む。また、子供たちが好きな事に夢中になれる未来創造プロジェクトを開始する。

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用を推進する

これまでの働き方の枠に捉われず、常に改良を加え、最新のテクノロジーを取り入れ、生産性の向上に取り組む。事業関係者それぞれが自分らしい働き方と仕事の楽しみを見つける事によって、事業はより成長する。

持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

当社が携わるEdTech事業によりグローバル人材を育成する。そして、グローバル人材がヒトとヒトをつなげ、異なる産業の交わりがおき、技術革新の基盤となる。常に新しいテクノロジーを取り入れ、持続可能な仕組みを創る。

気候変動をその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

我々人類にとって、解決すべき重要な課題の1つ。全ての当社の企業活動に置いて、当社が行う事業は気候変動にどのような影響を直接または間接的に与え、貢献出来る事は何か常に考える。観光産業にとっても重要な課題。

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

当社限りの取り組みとはせず、常に協同出来るパートナーを探し、高い質と規模のメリットを追求しながらを持って、持続可能な社会実現に向けた取り組みを実施する。